iDeCOって何?どんなメリットがある老後対策?

2017年7月26日
投稿先 未分類

iDeCOとは個人型確定拠出年金

日本では年金制度が確立されてはいるものの、通常の国民年金だけで老後の生活資金が本当に足りるのかという不安を抱く人が多くなっています。そのため、資産運用を行って老後の資金を獲得して対策を練る人も増えてきました。iDeCOはその際に利用できる年金制度の一つであり、個人型確定拠出年金の略称です。iDeCoは個人が任意に加入できる年金制度の一つであり、国民年金とは異なって運用が行われるのが特徴となっています。つまり、iDeCOの商品を選んで投資を行うという形になり、その運用実績によって将来的に給付される年金額が変わるのです。

iDeCOを選ぶメリットとは

個人型確定拠出年金は税制での優遇が大きいことから他の投資方法に比べて注目されています。運用実績によって年金の受給額が変動するものの、比較的安定して利益を上げやすい運用手段を取っている場合が多いのも特徴です。iDeCOについては掛け金が全額所得好悪所になることから節税に利用することができます。また、年金の受給を受けるときにも通常は所得として課税対象になるのが原則です。しかし、iDeCoの場合には受給時にも控除を受けられるようになっていて、加入年数が長いほど非課税になる金額が大きくなる仕組みになっています。そのため、運用期間が長いほど有利であり、早めに加入した方が良いと考えられているのです。また、iDeCOによる運用利益についても非課税になっているのも魅力的な点であり、大幅に税額を下げることができる方法になっています。

iDeCOとは、個人型確定拠出年金のことです。ほぼ全ての国民年金加入者が使えるようになっています。預貯金と投資信託が利用可能で、銀行、証券会社、保険会社で加入することができます。