資格を有効活用して人生の可能性を広げよう!

2017年8月26日
投稿先 未分類

そもそも資格とは何か?

資格とは国や団体が、ある分野において、その人の技能や知識が一定の基準を満たしていることを証明するものです。医師免許や弁護士資格など、開業の必須条件となっているもののほか、簿記など仕事に関わる技能のレベルを測るものや、フラワーアレンジメントなど趣味性の高いものなど、一口に資格と言ってもいろいろあります。

何のために資格をとるのか考えよう

上述のように、資格にはさまざまな種類があります。いろいろな資格の取得にチャレンジすることは自己啓発につながるので、それはそれで良いことですが、資格の取得には当然ながら、時間も費用もかかります。就職活動している人やスキルを磨きたいビジネスマンであれば、何にでも手を出すのではなく、まず、自分が将来何をしたいのか?その為にはどんな資格が必要なのか?を考えたうえでチャレンジしましょう。

受験資格や試験内容を確認しよう

取りたい資格が決まったら、最初に受験資格や試験内容を確認しましょう。資格の中には年齢制限や実務経験など受験資格が定められているものがあるので注意が必要です。また、試験内容はマークシートか記述式なのかや、実技試験や面接試験の有無を確認しておくと、難易度や準備期間などがイメージでき、受験勉強の準備がしやすくなります。

専門学校に通うか?独学で頑張るか?

試験内容を確認したら、専門学校などを受講するか、独学で勉強するか決めましょう。短期間で資格を取得したい場合や実技や面接試験がある場合は、きちんと講師に指導してもらうのが効果的ですが、なかには独学で取得できる資格もたくさんあります。インターネットには合格者の体験談やどんな勉強をしたか、市販のテキストは何が良いかなど、具体的にかいてあるものもあるので、勉強を始める前に見ておくと良いでしょう。

社労士の講座を受けることで、未経験者であっても就業規則や労働法などの専門的な知識を習得することが可能です。