資格取得の勉強はどうしたらいい?独学と通信講座の違いとメリット・デメリット

2017年8月26日
投稿先 未分類

独学のメリット・デメリット

仕事をしている中で資格が必要となったり、昇進のために資格の取得を目指している方もいらっしゃるでしょう。ですが資格を取るための勉強はどうしたらいいか悩みどころです。独学と通信講座を例に取って、違いを見ていきます。まずは独学で勉強する場合です。使用する教材は書店などで売っているテキストや過去問題集となります。独学のメリットとしては、コストがそれほどかからない点です。通信講座に比べテキストや過去問題集だけであればお金はそこまでかかりません。自分でスケジュールを立てて、好きなタイミングで勉強を進められることもメリットの一つです。デメリットとしては、テキストや過去問題集だけでは理解できない部分がある点です。独学でフォローしきれない部分があると合格率が下がってしまいます。テキストや問題集を選ぶ際には中身をよく読んでみて、自分が分かりやすいと感じた内容のものを選びましょう。

通信講座のメリット・デメリット

資格を取得する勉強方法には通信講座を利用する方法もあります。こちらのメリットとしては、資格取得のためのテキストや問題集が充実していることが挙げられます。合格を目指すために用意されている講座のため質は高いです。テキストの中で分からないことがあれば、質問することが出来ることも大きいです。通信講座のデメリットは全体的に受講料が高いことです。資格取得と費用が見合っているかは、講座のホームページや口コミ情報を集めるなどして判断するのが良いでしょう。

基本情報技術者の試験は国家試験である情報処理技術者試験の一区分にあたり、試験は春と秋の年2回行われます。基本情報技術者資格は企業がIT化する現代において重要視されている資格です。