ファイナンシャルプランナーってどんな資格?

2017年8月26日
投稿先 未分類

ファイナンシャルプランナーとは人生の設計士である

就職活動など自己啓発などで何か資格をとろうと思った人なら、ファイナンシャルプランナーの名前を一度は聞いたことがあると思います。では、実際にどんな資格なのか?一言で言えば、ファイナンシャルプランナーとはお金という観点から人生を設計する人です。結婚や出産、子どもの教育から老後の生活まで、それぞれのライフステージでどの位のお金が必要なのか?また、定年退職や遺産相続で、どの位税金がかかるのか?どういう制度を利用すれば有利なのか?といった人生にまつわるお金のことについて幅広い知識を持った、金融のプロフェッショナルと言えます。銀行などの金融機関や会計事務所、保険業界で働きたい人は是非とっておきたい資格ですが、実生活に役立つ知識が身に付けられるので、自身の人生設計をきちんとしたい人は取っておいて損はない資格です。

どんな勉強をすれば合格できるのか?

ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば、まずは誰でも受験可能な3級からチャレンジしましょう。3級の合格率は約70パーセントと高く、きちんと勉強すれば取得は難しくない資格と言えます。勉強の方法としては資格学校に通ったり、通信講座を受講するなどの方法がありますが、独学で合格した人もたくさんいます。基本的には市販のテキストで基礎知識を身に付け、5年程度の過去問題を解いておけば充分と言えますが、年金などは頻繁に制度改定が行なわれるので、テキストは必ず最新版を使うようにしましょう。平均的な受験までの準備期間も約半年と言われており、受験しやすい資格です。興味のある人は是非チャレンジすることをオススメします。

ファイナンシャルプランナーの講座は、個人資産や保険制度、不動産などの専門的な知識を得られることから、多くの社会人に人気があります。